~生成AIをビジネスに活用~ まず生成AIって何、どんなのがあるの?

2024.06.27 11:27 AI ブログ

~生成AIをビジネスに活用~ まず生成AIって何、どんなのがあるの?の画像

2024年、AI技術はますます進化を遂げ、多くの業界でその応用が進んでいます。

弊社では以前より社内業務にAI(主に生成AI)を活用しており、ビジネスとの親和性がかなり高いと考えております。今後、様々な業種のビジネスでどのように活用できるのか、どうやって使うかなどを検証していきたいと思います。

まずは、生成AIについて触れてみたいと思います。

生成AIとは?

生成AI(Generative AI)とは、人工知能の一種であり、様々な入力データを理解し、新しいコンテンツを生成するモデルのことです。代表的な技術には、自然言語処理のGPT-4や画像生成のDALL-Eなどがあります。

生成AIの特徴

生成AIは大量のデータセットを学習し、テキスト、画像、音声、動画など多様なコンテンツを生成でき、継続的に新しいデータを取り入れながら成長し、自然な言語での対話も可能なインタラクティブなアプリケーションに適しています。

生成AIの魅力

生成AIは、人間が思いもよらないアイディアを生み出すクリエイティブな能力を持つだけでなく、短時間で大量のコンテンツを効率的に生成し、特定のニーズに合わせたカスタマイズも可能です。
さらにデータ分析による洞察の提供やコスト削減も実現し、特にアートやデザイン分野、戦略立案や意思決定、そして大量コンテンツが必要な業種で重宝されています。

生成AIって何ができるの?

生成AI(Generative Artificial Intelligence)は、テキスト、画像、音声、ビデオなどを生成するために用いられるAI技術です。以下にいくつかの代表的な生成AIの種類とその例を紹介します。

1. テキスト生成AI

テキスト生成AIは、自然言語処理技術を用いて文章を生成・補完します。主な例として以下があります。

  • ChatGPT
  • Gemini
  • Claude
  • Perplexity

2. 画像生成AI

画像生成AIは、ディープラーニング技術を用いて新しい画像を生成することができます。代表的な例として以下があります。

  • GAN (Generative Adversarial Networks)
  • DALL-E
  • Midjourney(ミッドジャーニー)
  • Stable Diffusion
  • Adobe Firefly

3. 音声生成AI

音声生成AIは、テキストから自然な音声を生成したり、音楽の作曲を支援するために使われます。

  • WaveNet
  • Jukedeck
  • VALL-E
  • Coe Font STUDIO
  • コエステーション

4. 動画生成AI

動画生成AIは、短いクリップやアニメーションを生成するために使用されます。

  • OpenAI sora:
  • Runway
  • Kaiber
  • Leonardo Ai
  • Pika 1.0
  • LumaAI
 

このように生成AIは多岐にわたり、多くの分野で革新的な応用が進んでいます。
さらに、新しいサービスやAIが出てきてますので、随時更新していけたらと思います。

まずは生成AIの概要と、どういうサービスがあるのかをざっくりまとめてみましたが、まだまだ書ききれていないサービスなどがたくさんありますので
また各生成AI事に詳しくまとめて記事にしたいと思います。

記事を読んでいただき誠にありがとうございました。